サイトメニュー

治療中より治療後がネック

レディ

たくましい筋肉が悩みの人

ボトックス治療を受ける場合、事前カウンセリングで決めた段取りで治療を行なう形となります。ボトックス治療は注射による治療ですので、針を刺す位置を決めて印をつけ、必要に応じて局所麻酔を施します。成分の量が少量の場合、注入にかかる時間は数十分程度です。注射が終わり、麻酔が切れるまで安静にした後、アフターケアの注意点を確認して帰宅となります。ボトックス治療の効果が現れ始めるのに、2週間ほど時間を要します。注入した成分がちゃんと作用するまでは、作用を阻害する行動は避けなければなりません。例えば注入後数時間、治療部分を激しく動かしたり、温度を上昇させたりするような行動は控えましょう。運動や温泉、飲酒などが挙げられます。治療部分から成分が流れてしまわないようにする配慮で、守られなかった場合予定していた効果と異なった作用が現れる可能性があります。どのくらいの間、気を付けて行動しなければならないかは医師の指示を聞くのが無難です。注意事項を破らないように行動し、あとは気長に効果が実感できるのを待ちましょう。ボトックス治療は筋肉が付きやすい体質の人に向いています。過去にスポーツをしていたなど、足が筋肉で太くなっていたり、肩幅が広くて悩んでいたりする人に適した治療法です。ボトックス治療を受けると、筋肉を縮小させることができます。脳からの神経伝達を止め、発達を阻害することで、使われなくなった筋肉が痩せていくのです。この特徴を利用し、痩身やエラの改善など、美容外科の分野で大いに役立っています。美容目的以外に、肩こりの改善や多汗症治療にも効果があります。肩こりに悩む人の多くは過度に力を加えられた筋肉が固く凝っている状態になっています。その凝り固まった筋肉をほぐすことで肩こりは緩和され、痛みも薄くなります。多汗症の人は汗腺にボトックス注射を施すと、汗の分泌が抑えられます。ワキガに悩む人にも同じ治療法を用いることができ、広い分野で効果を発揮しています。生活の中で自然と筋肉が発達してしまい、それが悩みになっている人にはボトックス治療はおすすめです。エラやふくらはぎの筋肉は自己流で小さくするのは至難の業ですので、美容外科に相談してみるのもよいと思われます。